FC2ブログ
DTM,iPhone,iPadアプリレビュー
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KORG monotribeが発表になったときにちょっとがっかりしたのがMIDIがついていない事でした。
単体でもモチロン遊べますが、やはり同期で使用したくてそれにはMIDIが欠かせないと思ったからです。
ところが、どうも別の方法で同期できるということがわかったので購入したわけです。

で、同期の方法ですが
「パルス信号を送る」です。

なんのこと?とちょっとわからなかったのですが、KORGのKORG monotribe用の
音楽アプリを落としてわかりました。
クリック音をおくればよいのです。
メトロノームみたいに「かっかっかっかっ」というのをmonotribeに送って同期させます。

私はEMXで同期をとっていたのですが、クリックをおくるドラムパートをメインアウトとは別のアウトから出力してます。同期用のクリック音に使ってしまうので、ドラムパートが一つ使えなくなりますけどね。

注意点というか苦労したのが、クリックでmonotribeに送る音です。
○EMXもしくはESXで使わないぱパートでEG TIMEをゼロにします。
 すると音が短くなりますね。「かっ」という音をつくるわけです。
 わたしはドラムのパートを使用してます(具体的には7B)
○そのドラムパートに8個の音を入力します。
 EMX,ESXでは1,3,5,7,9,11,13,15のボタンを押す
○indv.outのアウトとmonotribeのsync-inを接続
 普段、indv.outを使ってる人はこまりますね。
○先ほどのドラムパート7Bを再生する
 すると indv.outから再生された音がmonotribeに行きます。
○monotribeではsync-inにジャックが刺さっていると再生ボタンを押しても
 スタートせず、EMXからの音がはいってくると再生が始まります。
 同期完了
○monotribeでハイハットが二重にきこえることがあります。
 そのときは、EMXの音色を変えてみてください
 私はEMXだと「BD-HIP」 ESXだと「sinKick」の音でうまく信号をおくれました。

もっとスマートにやる方法があるのかもしれませんが、とりあえず私はこれでいきます。


ところで、monotribeの筐体ですが値段のわりに安っぽくなくて気に入っております。
スポンサーサイト

【2011/05/28 00:02】 | DTM関連
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。