DTM,iPhone,iPadアプリレビュー
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IMG 0794
ELEKTRIBE EMXとESXをもっているので、新しいelektribeにももちろん興味があったので、購入しました。
箱をあけたときには、デザインにびっくり。
上の写真のとおりです。
なんというか、「色」を塗り忘れたのではないか?と思えるようなおかしな感じです。
なんといってもポリが使用できるようになったのはいいですね。
入力もEMX,ESXのようなちっこいボタンではなく、それなりのpadなので便利です。
音色、エフェクト、モジュレーションも良い感じです。
さてステップ入力は・・・
あれ?どうやってやるのかわからない。
どうも、ステップ入力がないような気がします。入力はリアルタイム入力だけです。ステップごとに編集はできるので、リアルタイム入力でまちがったところを修正するという感じです。せっかくpadがついたのに、おしいな。EMX,ESXのステップ入力は本体のゴムボタンだけでしか入力できなくて、外部のMIDIキーボードからのステップ入力はできませんでした。
新しいelektribeには期待していたのですが、まさかステップ入力がなくなるとは。あるかもしれませんが、見つけられません。マニュアルには「リアルタイムレコーディング」の項目はあるが、「ステップレコーディング」の項目はなくて、「ステップエディット」しかないので、たぶんステップ入力の機能はないのかな。これ、アルペジオっぽい複雑なフレーズを入力するときは、ステップ入力必須だとおもうんだけど、どうやって入力するんだろう?padは設定でドリアンとペンタトニックとかのスケールを設定できます。これはよいですね。コードもあるのですが、きめられたコードしか使えないので、自分でコードを設定できたらよいなと思いました。
スポンサーサイト

【2014/12/27 00:04】 | DTM関連
トラックバック(0) |
iPhone6はサイズが大きいので、機種変更したくなかったのですが今使っているiPhone5のボタンがいかれているので変更するといったとこでしょうか。

iPhone5Sも引き続き販売しているので、そちらに変更するという選択もあったのですが、とりあえずは6を試してみる事にします。
本当なら実際に物をみてから決めた方が良いとは思うのですが、ついつい予約開始日に予約してしまいました。

【2014/09/13 00:39】 | 未分類
トラックバック(0) |


ターボー
ご無沙汰です。
ボクはiPhone6見送り組です。
5sの残債があと1年残ってますので(^^;;
iPhone6、賛否両論あるようですが、使った感想お願いします!


しんGT
うわー。すいません11月になってしまいました。
結局iPhone6は予約取り消ししてしまいました。
私はiPhone5だったのですが、ボタン交換プログラムの対象でして、ちょうど交換したばかりだったのでもう一年くらいつかおうかなということでの見送りです。

9月時点の発売前では確かにあのサイズについての賛否両論がありましたね。発売されて2ヶ月たった今はどんな感じなんでしょうね。
私はiPhone3Gのデザインが好きなんで、今後小さいサイズも残して欲しいなと思います。

コメントを閉じる▲
KORG 2014秋の新製品情報が公式サイトにのってますね。最近は興味のわく製品が無かったのですが、KORGの製品は楽しみです。

○ volca sample

volcaシリーズのサンプラーです。KORGの動画をみていると楽しそうなのですがサンプラーはMPC,octatrack,KORG ESXがあるからいらないかなと思ってます。
エフェクターはリバーブがついてるらしいでせすが、使っているうちにもうちょっと欲しくなるのですよね、それもトラック毎に。となるとvolcaシリーズでは難しいと思うので、手軽に使えるサンプラーということでは楽しそうではあるのですが購入まではしないかな。

○ electribe

これは買いますよ。MIDI端子有り、トラック毎のエフェクト有り、マスタエフェクト有り、パッドもカオスパッドついてるということで買います。
気になったのは、写真で見るとノブが安っぽく見える事ですかね。
KORG EMX,ESXのノブが好きなので、新しいelectribeが安っぽかったら残念ですね。

【2014/09/06 04:09】 | 未分類
トラックバック(0) |
Musikmesse 2014が始まりましたね。
とうことでSynthtopiaの記事を見るのが楽しみです。さて、今回の新製品はと。

Rhythm Wolf


RhythmWolf 1200x750 web

記事は英語で書いてあるのでよくわかりませんが、ベースシンセサイザーとかフィルターとか32ステップシーケンサーとか書いてますね。
なんてったって名前にパンチがありますね。「Rhythm Wolf」
リズムマシンはお腹いっぱいなんですが、ベースもつくれるならちょっと興味ありですね。



続いてこちら

MPX16

Akai MPX16 e1394498868194 640x439
これは見た目がカッコいいですね。センスいいなー。音や機能も大事だけど、見た目もそれと同じくらい大事なんですよね。
onboard sound recordingって書いてあるから、本体でレコーディングできるんでしょう。
レコーディングしたサンプルはSDカードにセーブできるとか。
MPCの新作出ないかな。パソコンいらずのやつね。



【2014/03/12 22:30】 | 未分類
トラックバック(0) |

承認待ちコメント
-


承認待ちコメント
-


承認待ちコメント
-


コメントを閉じる▲
通常のpadkontrolの機能を拡張できるソフトを以前購入しましたが、その設定について書きたいと思います(自分なりに)以前に購入したときの記事はこちら

通常のpadkontrolの接続はDAWがpadkontrolを認識しています。このpadkontrolの機能を拡張できるソフト「pKCserise」は「MTPlayer」というソフトを仲介させるてDAWに情報を送ったり、受信したりしてます。こんな感じです。
DAW --> MTPlayer --> padkontrol

padkontrol --> MTPlayer --> DAW

MTPlayerはpKCseriseの作者さんとは別な人が提供しているソフトで、pKCseriseの作者さんはそれを利用してpadkontrolの機能を拡張できるソフトを書いてます。

手順1 padkontrolの準備

・KORGのサイトからpadkontrolのドライバソフトをインストール
・padkontrolを専用アダプタで電源をいれる。後ろのスイッチはDCです。
・MIDIケーブルをin,outともに接続する

手順2

・MTPlayerをダウンロードしてインストール

・MTPlayerの選択欄で購入したpKCseriseのファイルを選択する
MTplayer
手順3

・Port Name(alias)の欄で「IN:padKONTROL 1PORTA」を選択
・MIDI IN PortでpadKONTROLのMIDI OUTが接続されているportを選択
 

MTplayer2

・Port Name(alias)の欄で「OUT:padKONTROL 1PORTA」を選択
・MIDI IN PortでpadKONTROLのMIDI INが接続されているportを選択

MTplayer3

手順4
・dawの設定(ableton live)

・MIDIのINの設定で「MT player3」を選択
Live1

・MIDIのOUTの設定で「MT player3」を選択

Live2

以上です。
MOTU Digital performerは特に何も設定しなくても機能してました。

【2014/03/02 12:50】 | 未分類
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。